2018年5月の記事一覧

防災施設・危険箇所見学

5年生は、総合的な学習の時間において、起こり得る自然災害に備えて学習を進めています。

5月23日(水)には、お話を聞いて、自然災害の恐ろしさを「知る」ことからこの学習が始まりました。

5月30日(水)は、実際に垣生の地域を防災士さんとともに歩きながら防災施設や危険箇所を見学しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

防災倉庫の中を特別に見せていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

倉庫の中には、いざという時に役立つ救済用ののこぎりや担架、懐中電灯、簡易トイレなどが入っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実際に自分の目で防災施設や危険箇所を確認し、防災士さんからは身を守るための話を聞くことができました。

もしものときに備えて防災グッズを準備したり、避難する場所を確認しておいたりするなど、家族会議をしておくことが大切だと学びました。

3年生 生き物救出大作戦!

5月29日(火)にやごとりを行いました。

苔の生えたプールに子どもたちはびっくりしていましたが、

中に入ると一生懸命やごを探していました。

友達と楽しく探しながら、やごやあめんぼなどの生き物に親しむことができました。

捕獲したやごは、各クラスで協力してとんぼになるまで育てていきます。

2年生は芋の苗植えに行きました。

5月29日火曜日、2年生は芋の苗植えに行きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 芋畑の整備、たくさんの苗、すべて地域の方々のご厚意によって

準備していただきました。

 また、分かりやすく苗の植え方も教えていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

芋の苗を初めて見る子もいて、みんなワクワクしながら植えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「大きく育つといいな」「土を横長に掘って植えないと。」などと話しながら

楽しく活動できました。

 ご協力いただいた地域の方々に感謝です。

 

鍵谷祭記念なかよし集会

5月28日(月)は、鍵谷祭記念なかよし集会がありました。まず、児童が作った俳句の発表からスタートしました。

縦割り班も新しく決まり、地域巡りのスタートです。

それぞれのチェックポイントで垣生の偉人、鍵谷カナさんや村上霽月さんに関する問題を解きながら歩きました。

鍵谷カナさんにちなんで、伊予かすり体験のコーナーもありました。異学年と交流しながら楽しい時間を過ごすことができました。

この様子は、CATVにて6月中旬頃放送される予定です。

 

2回目の学校探検

5月25日(金)1年生は2回目の学校探検をしました。前回は2年生に案内してもらったのですが、今回は1年生だけで学校を探検しました。ワクワクドキドキしながらも笑顔で出発しました。

普段、行き慣れている場所でも、子どもたちだけで探検することで新たな発見があったようです。

垣生小にはまだまだ多くの秘密があるそうです。これからも垣生小の秘密をどんどん見つけていきます。