2018年3月の記事一覧

離任式

3月28日は離任式でした。始めに職員室でお別れの会を行いました。

次に、体育館で離任式を行いました。退職・転任される先生方からのお話を聴きました。その後、代表児童からお別れの言葉です。

それぞれにお世話になった思い出を伝え、別れを惜しみました。

子どもたちから花束贈呈もしました。

みんなの温かい拍手に包まれて笑顔のお別れとなりました。

新天地でのご活躍を垣生小学校教職員一同お祈りいたします。

保護者、地域の皆様、今まで本当にありがとうございました。

垣生小学校の歴史はまた新しいページへとつながれていきます。

2年後の130周年に向けて4月からも引き続き、よろしくお願いします。

修業式

修業式が行われ、校長先生から各学年の代表児童へ修了証書が渡されました。

校長先生からは、あいさつができる子が増えたこと、「ありがとう」が言える子が増えたこと、気付き考え行動できる子が増えたことなど、1年間の成長についてお話がありました。

1年生の代表児童が1年間を振り返って、がんばったことを発表しました。

とても堂々とした発表でした。

子どもたちはいよいよ春休みに入ります。1年間の復習をしっかりして、新しい学年に備えてほしいと思います。そして、安全に楽しい春休みを過ごしてください。

卒業式

お世話になったたくさんの方々の祝福を受け、卒業式が行われました。

 教室は5年生が中心となって準備を行いました。

卒業証書授与。

校長先生より一人一人に卒業証書が渡されました。

6年間の小学校生活を立派にやり遂げた証です。

校長先生のお話では、3つの「ま」学ぶ意欲をもつこと、前向きに考えること、まごころをもって接することについてお話がありました。

卒業記念品として児童に卒業証書入れが贈られました。

学校に卒業記念品としてテント2張りと掛け時計1台が贈られました。

卒業生と在校生の旅立ちの言葉は、堂々とした心に残るものでした。

小学校6年間、たくさんの人と出会い、たくさんの思い出ができたことでしょう。

感謝、希望、それぞれの思いを胸に、旅立ちを迎えました。 

 

ふるさと応援私募債「学び舎」贈呈式

3月13日(火)、ふるさと応援私募債「学び舎」の贈呈式がありました。

石田クリーニング株式会社と伊予銀行から、垣生小の子どもたちにホワイトボード120枚(約10万円)が送られました。

石田クリーニングの社長さんと一緒に、副社長ペッパーくんも来校し、子どもたちに言葉を述べました。

いただいたホワイトボードを使って、意見交換し、学びを深め、考える力を伸ばしていきたいと思います。

垣生小の子どもたちを応援していただいてありがとうございます。

3年生バードウォッチング

3月12日(月)、総合的な学習の時間の一環として、重信川河口へバードウォッチングに行きました。

講師として来ていただいた野鳥の会の岩本先生に、双眼鏡を使って野鳥の観察の仕方を教えていただきました。

国土交通省の方も双眼鏡を持ってきてくださり、一人一台双眼鏡を使うことができ、子どもたちも喜んでいました。

たくさんの鳥に興味津々の子どもたちは、双眼鏡を覗いて一生懸命鳥の種類を見分けていました。

また、実際に、ミサゴが餌の魚を捕らえる瞬間を見ることができ、歓声が揚がりました。

ぽかぽか陽気の中、ゆったりとした気分でバードウォッチングを満喫し、教室に帰ってからも鳥の種類を調べたり、スケッチをしたりして学びを深めました。

垣生のよさを再発見できた価値ある一日でした。